修理作業

田んぼのあぜ草を刈るのに欠かせないあぜ刈り機。

長く使っていると、不具合がいろいろと出て来るわけです。

部品交換で機械を分解してみると、刈刃を動かしているシャフトの止めねじが割れてるのを発見。

こういうの割れちゃうんですね。

刈刃カバーの鉄板にひびが入りはじめて、ちょっとプラプラしています。

泣き別れしないうちに、半自動溶接機で鉄板を修繕しておきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

toru

1966年訓子府町生まれの訓子府育ち。玉葱や米、メロンを栽培する農家です。一眼レフを本格的に始めたのは2005年。仕事の時でもいつでもカメラを持ち歩く自称農場カメラマン。普段の生活を撮るのが主で、その他ストロボを使っての商品撮影、スタジオ撮影も。愛好家グループで年1回写真展を行っている。農機具の改造や作製、電子工作など、モノづくりが大好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る