役場たんぽぽにてスマホカメラ教室

撮影の基本を知らなくても、写真は撮れます。

撮影の基本を知ると、写真の幅が広がります。

 

スマホやタブレットカメラはあなどれません。

ものの見方が分かれば、へたな一眼レフカメラより良い写真が撮れます。

 

数日前から天気予報が気になっていましたが、今日は撮影に最高のお天気でした。

講習会場は訓子府役場内軽食喫茶コーナーたんぽぽ。

窓が大きいので、十分な光が差してきます。

 

スマホ撮影で気をつける事を、実際に撮影しながら体験して頂きます。

キレイに見える、ものの見方。

そこにある光の読み方。

ダメな写真はこうすれば撮れる。

などなど。

iPadにて撮影(訓子府町役場たんぽぽ)

 

今回の体験が今後の撮影に活かしてもらえたら嬉しいなあ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

toru

1966年訓子府町生まれの訓子府育ち。玉葱や米、メロンを栽培する農家です。一眼レフを本格的に始めたのは2005年。仕事の時でもいつでもカメラを持ち歩く自称農場カメラマン。普段の生活を撮るのが主で、その他ストロボを使っての商品撮影、スタジオ撮影も。愛好家グループで年1回写真展を行っている。農機具の改造や作製、電子工作など、モノづくりが大好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る