水田用水路U字溝敷設1日目

H19.11.14撮影

それぞれの農家の田んぼに、水を行き渡らせるために田んぼの脇には用水路があります。 用水路は田んぼ農家にとって生命線であります。 用水路には水が流れると同時に、上流から流れてきた土が堆積したり、用水路の側面の土が崩れてしまったり等、放っておくと流れが悪くなってしまいます。 滞りなく各農家に水を送るための用水路の維持管理は、毎年の欠かせない作業です。 そこで少しでも維持管理がしやすくなるように、U字溝を用水路関係農家の共同作業で敷設しました。  

今回、用水路100mにU字溝を敷設します。 用水路に敷設するU字溝をトラックから降ろします。 降ろしますといっても、人間の手で降ろせる代物ではありません。 運転手さんに重さを聞いてみると、何と1個444kgもあるそうです(◎-◎) 機械だと軽々と2個同時に降ろします。 こんなん足の上に落としたら、簡単に骨折だなあ(>_<)
U字溝を入れるために、用水路をユンボで掘っていきます。 この作業はもちろんプロにお任せです。 手際よく掘り進んでいきます。 当初はユンボだけ借りて、自分たちで作業しようかと話してましたが、やっぱりプロにお任せして正解でした。
みるみるうちに掘り進み、100m掘るのに3時間で終了。 予定よりかなり早いペースです。 U字溝を入れる地盤を作るため火山灰を入れます。
後は火山灰を平らにきれいにならしていきます。 U字溝をユンボで吊って。
 
用水路に入れます。 今日は60m分入れる事が出来ました。 続きはまた明日。  
2日目へ
ページ上部へ戻る