玉葱苗乗せ台扉作成

苗乗せ台のカバーテントのチャックがダメになったので、違う方法でのカバーの開閉方法を考えた。

最近よくあるガススプリングを利用した方式を参考にと思い、見本に借りてきてみたけど何だかトキメかない。

まず動作時の出っ張りが多い。

出っ張りが多いという事は、うっかりミスであちこちぶつけてしまう可能性があるという事。

ぶつけてひん曲がったら、修理しないとならないでしょ。

忙しい時になるべくそういうのはやりたくない。

イライラしちゃうしね。

 

作製するカバーは、出来るだけシンプルで出っ張りの少ないデザインがテーマ。

そのテーマを実現するのが、この薄型マグネットキャッチなのであります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

toru

1966年訓子府町生まれの訓子府育ち。玉葱や米、メロンを栽培する農家です。一眼レフを本格的に始めたのは2005年。仕事の時でもいつでもカメラを持ち歩く自称農場カメラマン。普段の生活を撮るのが主で、その他ストロボを使っての商品撮影、スタジオ撮影も。愛好家グループで年1回写真展を行っている。農機具の改造や作製、電子工作など、モノづくりが大好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る