いつか使うは、ずっと使わないボルトナット

使わなくなった機械等を分解する度に、取っておいたボルトとナット。

いつかは役に立つだろうと取っておくわけです。

まあ確かに、その中には再利用できるのももちろんあります。

その度に、取って置いて良かったなあと思いました。

でもですね。

取っておいたボルトとナットの山から、使えるのを探す度ごとに絶対に使わないであろう物も必ずさわる事になる。

宝の山を漁る事が、実はただの時間の無駄遣いが大半だと思えてきてしまいました。

思い切ってほんの少しだけ残して、捨てる事にしました。

その総量40㎏!

よくこれまで貯めたものだなあと思います(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

toru

1966年訓子府町生まれの訓子府育ち。玉葱や米、メロンを栽培する農家です。一眼レフを本格的に始めたのは2005年。仕事の時でもいつでもカメラを持ち歩く自称農場カメラマン。普段の生活を撮るのが主で、その他ストロボを使っての商品撮影、スタジオ撮影も。愛好家グループで年1回写真展を行っている。農機具の改造や作製、電子工作など、モノづくりが大好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。