溶接修理しているはずが、穴を開けてた。

薄い鉄板溶接あるある。
気持ちよく溶接しているはずが、よくよく見てみると穴になってる。

経年劣化によって、鉄板の継ぎ目の溶接とか、溶接の周りにヒビが入ってくることがある。
それを補修したら、逆に被害が拡大してました。
何とか肉盛りして直そうとしたら、だんだん穴が大きくなっていく。
マイッタナァ。
この状態からの復帰は諦めました。
上から鉄板を当てて補修することにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

toru

1966年訓子府町生まれの訓子府育ち。玉葱や米、メロンを栽培する農家です。一眼レフを本格的に始めたのは2005年。仕事の時でもいつでもカメラを持ち歩く自称農場カメラマン。普段の生活を撮るのが主で、その他ストロボを使っての商品撮影、スタジオ撮影も。愛好家グループで年1回写真展を行っている。農機具の改造や作製、電子工作など、モノづくりが大好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

ページ上部へ戻る