自作玉葱デガーのフレーム仮組み

玉葱種まきが終わり、少し落ち着いたところです。

苗管理が続きますが、自作玉葱デガー製作を少し進めたいところです。

自作デガーの基になるのは、中古デガーのフレームです。

必要ないパーツは取り外し、幅の合わない所はガスで切断等々。

残ったのは、PTO軸&ギアケースとそれらが載ってるフレームのみ。

他は屑鉄となりました。

これにレーザーカットの鉄板を組み合わせたら、何となくデガーに見えるでしょ(笑)

次はこの形に合わせて、シャフトの加工を依頼します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

toru

1966年訓子府町生まれの訓子府育ち。玉葱や米、メロンを栽培する農家です。一眼レフを本格的に始めたのは2005年。仕事の時でもいつでもカメラを持ち歩く自称農場カメラマン。普段の生活を撮るのが主で、その他ストロボを使っての商品撮影、スタジオ撮影も。愛好家グループで年1回写真展を行っている。農機具の改造や作製、電子工作など、モノづくりが大好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る