玉葱デガーの仮組みその2

日本製の玉葱デガーとは違う、基本構造の違う玉葱デガーを製作しようと思っています。

ヒントは昨年視察した農家で見たデガーです。

今まで見た事の無かった方式でした。

「その方式で行けるのかぁ。」

と驚いたわけです。

今回はその機械をヒントに、更に改良を加えたオリジナルマシーンです。

とりあえず手持ちのパーツを仮組みです。

組んでみて構造上の不具合を発見。

次の課題が見えました。

秋までに間に合うといいなあ。

 

畑は表面が乾き始めています。

雪踏みしたところは、乾きが遅れてます。

その違いがはっきりと分かります。

今日から4月になりました。

玉葱植え付けカウントダウンが始まりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

toru

1966年訓子府町生まれの訓子府育ち。玉葱や米、メロンを栽培する農家です。一眼レフを本格的に始めたのは2005年。仕事の時でもいつでもカメラを持ち歩く自称農場カメラマン。普段の生活を撮るのが主で、その他ストロボを使っての商品撮影、スタジオ撮影も。愛好家グループで年1回写真展を行っている。農機具の改造や作製、電子工作など、モノづくりが大好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る