ESP-WROOM-02を使う「第1回」 Arduino IDEをインストールして、ESP-WROOM-2に書き込む準備まで

ESP-WROOM-02を使う「第1回」

Arduino IDEをインストールして、ESP-WROOM-2に書き込む準備まで

 今回はESP-WROOM-02開発ボードに接続したセンサーモジュール(BME-280)の値を、スマホに表示するのが最終的な目的です。 手順としては、

  • ESP-WROOM-02に Arduinoのプログラム(スケッチ)を書くためのソフトウェアのインストール。
  • ESP-WROOM-02開発ボードとBME-280(温湿度・気圧センサーモジュール)との配線。
  • ESP-WROOM-02開発ボードへのスケッチの書き込み。
  • スマホアプリ「Blynk」でセンサーの測定値を表示。
  • Windows10+iOSでの設定を記述します。
  • 記事の内容は2017/1/25に書き始めております。

Arduino IDEをインストールする

まずArduino IDE をダウンロードします。リンクは→こちら Windows installerからダウンロードしてPCにインストールします。(2017/1/25現在のバージョンは1.8.1です)

ESP-WROOM-02に書き込むために、Arduino IDEのボードマネージャーにStable版ESP8266ボードをインストール

こちらを開きます→ ESP8266 core for Arduino ページを下の方に下がると下記の部分がありますので、赤線で囲んだテキストをドラックしてコピーします。

次に、Arduino IDEを起動して、環境

設定を選択。


赤線で囲んだ部分に先ほどコピーしたテキストのリンクをペーストしたらOKをクリック。


次にツールからボードマネージャーを選択して開きます。


一覧が出てきますので、スライダーで一番下まで下がり、「esp8266 by esp8266 Community」を選択してインストールします。
この様な画面になりインストールが始まります。

Arduino IDEの設定

インストールが終わったら、「ツール」からボードの設定を行います。

注)シリアルポートの設定は、ESP-WROOM-02をUSBでPCに接続してから設定します。


ボード:Generic ESP8266 Module

Flash Mode : QIO

Flash Frequency: 80MHz

CPU Frequency : 160MHz

Flash Size: 4M (1M SPIFFS) or (3M spiffs)

Debug port : “Disabled”

Debug Level: “なし”

Reset Method: nodemcu

Upload Speed: 921600

シリアルポート: ご自分の環境のポート

—————————————————

書込装置: USBasp

ライブラリーをインストール

ここからの手順は、BME-280を使うための手順です。

BME-280ライブラリーをインストール

ダウンロードページ→ https://github.com/embeddedadventures/BME280 Clone or downroadからDownroad ZIPでダウンロード

スケッチからライブラリーをインクルード→.ZIP形式ライブラリーをインストールで、先ほどダウンロードしたZIPファイルを開きます。

Blynkライブラリーをインストール

ダウンロードページ→ https://github.com/blynkkk/blynk-library Clone or downroadからDownroad ZIPでダウンロード。

スケッチからライブラリーをインクルード→.ZIP形式ライブラリーをインストールで、先ほどダウンロードしたZIPファイルを開きます。 ここまでで書き込みの準備が出来ました。

今回使用したパーツ

ESPr Developer(ESP-WROOM-02開発ボード) BME280搭載 温湿度・気圧センサモジュール 普通のピンヘッダ10本セット ブレッドボード ジャンパーワイヤ 30cm (オス-オス)(オス-メス)(メス-メス) 各40本 3セット シリコンワイヤー(2m・26AWG・赤) 配線確認用 普通のブレッドボード ジャンパワイヤ(オス~オス)   こちらを参考にさせて頂きました。 IoT実践(ESP8266/BME280/Blynk)(前編) http://step2.cocolog-nifty.com/step2/2016/01/usersmommadeskt.html

Arduino IDE に Stable ( Staging )版 ESP8266 ボードをインストールする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

toru

1966年訓子府町生まれの訓子府育ち。玉葱や米、メロンを栽培する農家です。一眼レフを本格的に始めたのは2005年。仕事の時でもいつでもカメラを持ち歩く自称農場カメラマン。普段の生活を撮るのが主で、その他ストロボを使っての商品撮影、スタジオ撮影も。愛好家グループで年1回写真展を行っている。農機具の改造や作製、電子工作など、モノづくりが大好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。