島貫式玉葱苗運び台扉

扉を開いた時でも、フレームとテントはほぼ軽トラの横幅内に収まった。
これでうっかり扉を閉め忘れて軽トラを動かしても、どこかにぶつける事はないだろう。

苗を積む側はテントで囲います。

台の前は軽トラのキャビンがあるのであえてテントは張りません。

天井と後ろは元々はテントが張ってありましたが、必要ないと思ったのでベニヤのみ。

テントはテント屋さんに作ってもらった。
「こういうの初めて見たから、写真撮らせてもらえますか?」
とテント屋さん。
僕がモデルになって、開閉動作撮ってました(笑)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

toru

1966年訓子府町生まれの訓子府育ち。玉葱や米、メロンを栽培する農家です。一眼レフを本格的に始めたのは2005年。仕事の時でもいつでもカメラを持ち歩く自称農場カメラマン。普段の生活を撮るのが主で、その他ストロボを使っての商品撮影、スタジオ撮影も。愛好家グループで年1回写真展を行っている。農機具の改造や作製、電子工作など、モノづくりが大好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る