工具棚を改造してストレスを減らす

倉庫内には整備や修理用の道具を置く棚がある。

倉庫を建てた時に父が作成したものだから、もう20年以上経つだろう。

経営を引き継いで自分が修理&整備をするようになってから、使いやすいようにと棚を整理してきた。

つもりだった。

モノが置ければよいと棚を増やし、モノが入れば良いと4ℓのオイル缶を切ったのを入れ物にして並べたり。。。

結果モノが増えて、棚の奥に追いやられたモノが何だか分からない状態。

いずれは自分以外がおそらくこの棚を使う事になるであろう事を考えると、今のうちに何とかしないとならない。

1人ならまだしも2人で棚を使うとなると、モノを探す事がストレスになる事は明らかだろうなあ。

「あれどこやった?」

「知らんぞ!」

てな事になるだろう。

 

まずは棚を改造しなければ。

改造した棚に、モノを右から左に動かして整列させるだけでなく、

作業が効率的に、

なおかつ売上が上がる(それは無理か( ´艸`))

 

ストレスが減る作業場が出来れば良しとする事にしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

toru

1966年訓子府町生まれの訓子府育ち。玉葱や米、メロンを栽培する農家です。一眼レフを本格的に始めたのは2005年。仕事の時でもいつでもカメラを持ち歩く自称農場カメラマン。普段の生活を撮るのが主で、その他ストロボを使っての商品撮影、スタジオ撮影も。愛好家グループで年1回写真展を行っている。農機具の改造や作製、電子工作など、モノづくりが大好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。