韓国語講座に行っていました。

昨年の10月から毎月3回、韓国語講座に通っていました。

韓国語を学んでみようと思ったきっかけは、韓国の玉葱農家夫婦の友人と韓国語で話をしてみたいと思った事です。

講座に通う前には、書店で韓国語の参考書を買って読んでいましたが、とっても難しくてなかなか頭に入りません。

付属のCDを聞いてみても、いまいちピンときません。

こういう語学等はぼくにとって独学で出来る代物ではないようです。

そこで思い切って韓国語講座に通う事にしたわけです。

通ってみて思いましたが、やっぱり先生に習うのは格段に分かりやすい。

参考書は難しく書いているところ、先生は分かりやすく解説して下さる。

発音もCDで聞くのとはえらい違い。

50を過ぎるとさすがに覚えは悪いですが、少しづつ少しづつ前に進むことが出来ました。

結構日本語と韓国語は発音が似ている言葉があって、面白いです。

これからも少しづつ覚えていこう(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

toru

1966年訓子府町生まれの訓子府育ち。玉葱や米、メロンを栽培する農家です。一眼レフを本格的に始めたのは2005年。仕事の時でもいつでもカメラを持ち歩く自称農場カメラマン。普段の生活を撮るのが主で、その他ストロボを使っての商品撮影、スタジオ撮影も。愛好家グループで年1回写真展を行っている。農機具の改造や作製、電子工作など、モノづくりが大好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

ページ上部へ戻る